株式会社FREE WEB HOPEは最大コンバージョン率32.36%を達成したランディングページ制作戦術でランディングページの改善提案・制作いたします。

03-3525-8971

 
html51

[速報]W3CがHTML5を勧告に

W3CがHTML5をようやく勧告としたようだ。 むしろ今までなっていなかったのか・・・と思う方も多いと思うが、まずはこちらをご覧頂きたい。
2014年10月28日(アメリカ): ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム(W3C)は、ウェブページやウェブアプリケーションを構築する際に使用されるフォーマットHTMLの第5版であるHTML5を勧告として公開し、オープン・ウェブ・プラットフォームの礎を築きました。HTML5は、アプリケーション開発者やアプリケーション産業がこの先何年に渡って信頼するに足る、アプリケーション開発のための機能を提供します。HTML5は今や幅広いデバイスで、そして世界中のユーザが利用可能であり、かつ豊富な機能を持つアプリケーションの開発コストを削減します。 W3Cディレクターを務めるティム・バーナーズ=リーは、「ビデオやオーディオをブラウザ上で見たり、ブラウザ上で通話をすることは、今や当然の事として受け止められている」と述べています。「写真や店舗の共有、ニュースの入手、情報の検索はどこからでも、どのデバイスからでも可能にすることを期待しています。HTML5とオープン・ウェブ・プラットフォームはユーザの更なる期待に応えます。」出展:W3Cプレスリリース
というわけで、HTML5が標準化される動きが加速されることになるだろう。 ちなみに、W3Cの”勧告”とはWorld Wide Web Consortium(W3C)の規格を決めるうえでの最終段階のプロセスだ。W3Cのメンバーと、一般社会のレビューを経て、勧告となる。WEB技術の標準化を目的としている。 標準化までの流れとしては

1.作業草稿(Working Draft, WD)

コミュニティ内でのレビュー。 誰からでもコメントを受け付けている、最初の草案のようなもの。

2.勧告候補 (Candidate Recommendation, CR)

1の作業草稿よりも安定している。ここでの目的は、開発コミュニティから実装方法についての援助を引き出すことにある。 ここでも修正や変更を加え、より安定したものに仕上げていく。

3.勧告案 (Proposed Recommendation, PR)

上記の2つの段階を経た規格。W3C諮問委員会での最終承認を受けるために提出される。 この段階ではほぼ規格が決まっていて、その後の修正や変更はほとんどない。HTML5に至っては

4.W3C勧告

規格策定の最終段階。上記1~3のステップで相当なテストが行われている。勧告となった規格はW3Cの承認を受け、本腰を入れた開発が開始されることになる。 HTML5に慣れ親しんでいる方も多いと思うが、ここからさらに開発が進むのだ。

まとめ

私自身、終わりなき仕様開発作業だと考え、「未完成だ」と言われ続けたHTML5がついにW3Cに勧告された。 勧告されたこと自体に大きな意味は持たないがHTML4.01が勧告されてから約15年。 ムービングターゲットではなく明確なバージョン番号を持つ新標準が、ここに確立されたことにインターネットの確実な進歩を実感できた。 同時に2016年に勧告予定のHTML5.1が勧告候補への昇格となるようなので、今後の展開にも注目したい。

 -WEBマーケティング 

メールでのお問い合わせ・ご相談は無料で行っております

  • お電話でのご相談・お問い合わせはTEL:03-3525-8971
  • お問い合わせはこちら メールでのお問い合わせは1時間以内にご返信致します

PAGE TOP